近代口腔科学研究会の例会について

例会のお知らせ



2020年


新年講演会:1/12


2月例会:2/9〜10


3月例会:3/22〜23


4月例会:4/12〜13


5月例会:5/17〜18


6月例会:6/7〜8


札幌例会:6/28


9月例会:9/20〜21


10月例会:10/11〜12


福岡例会:11/8


毎年、8月と12月はお休みです。

当会では歯科医療や歯科医業に疑問や不満をお持ちの歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士の参加を歓迎しています。

参加ご希望の方は、事務局にお問い合わせください。




例会のご案内

当会では、普通のスタディーグループのような症例発表をしたり、講師を招いて講義を聞いたりするような形式の勉強は一切していません。臨床上の問題や医院経営、歯科界が抱える問題や歯科医のあるべき姿など、臨床歯科医にとって興味深いテーマを、例会では、テーマごとにシンポジウム形式で取り上げます。

具体的には、出席者全員が自分の頭で考え、ディベートを中心に徹底的にディスカッションをして、問題点を掘り下げながら結論を導き出していきます。このような勉強法を実施している臨床歯科医による勉強会は、極めてまれな存在だと思いますし、なによりも、ものを考えるベースがデンティスト(歯大工)ではないことが最大の特徴です。

歯科医療や歯科医業に疑問や不満をお持ちの歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士の方、例会で一緒に勉強をしてみませんか。目からうろこが落ちるような気分になること請け合いです。詳しくは、当会事務局までお問い合わせください。


第476回近代口腔科学研究会例会

◎ 日時 :令和2年3月22日(日)午前10時〜午後5時まで
      令和2年3月23日(月)午前10時〜午後5時まで
◎ 会場 :口腔研クリニック会議室 埼玉県上尾市愛宕1−3−2
       048-771-0110


プ ロ グ ラ ム

3月22日(日)


10:00am〜5:30pm


●「私の臨床での問題点」  
     司会 佐倉 洋史
     発表 安西由充 神崎悟 斎藤滋夫 檀浦靖憲
               村田昌明 渡辺良子 荒井親平

●「歯周病はなぜ治らないのか、どうすれば治るのか」
  ・プラックコントロールとしての刷掃指導の実習
     司会 高尾 亮輔

●「歯科界の雑誌から」
  ・超高齢社会における可撤式義歯という  司会 根橋 信幸
                       補綴の選択とメインテナンス 」
    亀田行雄:日本歯科医師会雑誌 2019年8月号
      <抄読者:渡辺良子>

  ・咬合再構成における着眼点  司会 長谷川享也
    谷尾和正:日本歯科評論 2020年2月号
      <抄読者:檀浦靖憲>

  ・ピエゾシジョンによる矯正治療の革新  司会 朝田 文郷
    Serge Dibart/宮本貴成/築山鉄平
                       :クインテッセンス 2020年2月号
      <抄読者:安保昌美>

●「メディアが取り上げた最近の歯科事情」  司会 松浦 哲郎
  ・「歯磨き」で万病を防ぐ
    長田昭二:週刊文春 2020年1月23日号
      <抄読者:水口慎也>

●「医療保険について考える」    司会 斎藤 滋夫

5:00pm〜5:30pm


● 懇親懇談会   司会 神崎 悟
     「ススム会が発展するためには」
    会場:口腔研クリニック会議室「(株)グリーン企画社委託」



3月23日(月)


10:00am〜5:00pm


●「支台築造を考える」
  ・外科的臨床歯冠延長手術について
      司会 長谷川享也
      発表 加納 修

●「パーシャルデンチャーの臨床」    
      司会 渡部 哲哉
      発表 朝田文郷

●「歯科医師会について考える」         司会 佐倉 洋史

●「第113回歯科医師国家試験問題を検討する」
      司会 斎藤 滋夫
      発表 奈良 宏周

●「TMDの臨床」        司会 松浦 哲郎
  ・顎関節障害の診断と治療について   水口慎也

●「口腔粘膜疾患の診断」 司会 水口 慎也
  ・遭遇する頻度の多い疾患について

●「歯内療法の臨床」  司会 朝田総一郎

5:00pm〜


  次回例会について     司会 安西 由充


* 司会、発表者が例会を欠席する場合は、責任を持って代役を決めてください。


* 「TMD症例」「口腔外科症例」をお持ちの方は、事務局までご連絡ください。出席連絡票に記載する欄を設けています。


* 「私の臨床での問題点」は、例会当日でも受け付けます。可能な限り事前に事務局までご連絡ください。


* メディア(テレビ、ラジオ、雑誌、新聞)で取り上げられた最近の歯科情報がありましたら持参してください。