近代口腔科学研究会雑誌

例会のお知らせ



2017年


新年講演会:1/8


2月例会:2/11〜12


3月例会:3/19〜20


4月例会:4/16〜17


5月例会:5/14〜15


6月例会:6/18〜19


7月例会:7/17

 (記念例会:福岡市)


9月例会:9/10〜11


10月例会:10/1

 (地方例 会:札幌市)


11月例会:11/12〜13


毎年、8月と12月はお休みです。



当会では歯科医療や歯科医業に疑問や不満をお持ちの歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士の参加を歓迎しています。一度、例会に出席してみませんか。




例会出席に関するお問い合わせ



飯塚哲夫先生による待望の書

「歯科医師とはなにか」



近代口腔科学研究会雑誌のご案内


 「近代口腔科学研究会雑誌」は、臨床歯科医師による手作りの歯科臨床総合雑誌で、創刊以来、今年で42年目を迎えました。本誌はいわゆる学会の機関誌でもなければ、商業雑誌でもなく、おそらく世界で唯一の臨床歯科医師のための雑誌です。

 本誌には、毎日の歯科臨床に役立つ記事や論文が数多く掲載されていますが、その斬新かつ鋭い切り口の内容は、一般の歯科商業雑誌とは明らかに一線を画していると、多くの読者から高い評価をいただいています。また、本誌は米国の医学中央図書館をはじめ日本全国の歯学部、歯科大学図書館、都道府県歯科医師会にも納められています。

 最近の特集記事として、「う蝕治療の常識を斬る」「歯科医師とはなにか−歯科医師の歴史−」「歯科技工士の未来像」「画期的なplaque controlの実際」「インプラント、MID、3Mix−MP法、パーフェクトペリオなど最新と称される治療法の評価について」「日本歯周病学会治療指針を批判する」「日本歯科保存学会編"う蝕治療ガイドライン”の実態」などがあります。また、高名な臨床家や大学教授の論文を検証する「歯科界の雑誌から」や、日常臨床での素朴な疑問に答える「私の臨床の問題点」などが掲載されており、学術面から医療管理にいたるまで、臨床歯科医師として総合的な能力を身につけるための総合歯科雑誌となっています。

 現在の「歯科医療」や「歯科医師のあり方」、さらに「歯科医業」に疑問や悩みを抱かれている方、そして現状を打破したいとお考えの歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士の方々に、ぜひともご購読いただきたくお勧めします。

発行 年3回(4月、8月、12月)  

購読料:5,280円(1年分、送料含む)

バックナンバー検索

バックナンバー購読希望者は