HP

2020年 近代口腔科学研究会

札幌例会(講演会)のお知らせ

[日時]
  2020年6月28日(日)
    午後1:00〜4:00
    受付午後12:30から

[会場]
 札幌グランドホテル
   本館2階 金枝の間
  札幌市中央区北1西4
 tel:011-261-3311(代表)

[講師]
  飯塚 哲夫 先生

[会費]
  歯科医師    ¥10.000−
  スタッフ・その他 ¥6.000− 
  (当日会場で納入)

事務局まで、お電話かメールでお申し込みください。
近代口腔科学研究会事務局
ORAL MEDICINEを学ぼう


講師 飯塚哲夫先生

 
 本講演の演者である飯塚哲夫先生が臨床に従事している「口腔研クリニック」に来院する初診患者の約半数は、う蝕や歯周病の患者でもなければ、歯冠修復や欠損補綴や歯列矯正といったデンティストリーの対象になる患者でもありません。それらの患者は、「口腔科」という医療分野の患者たちで、その主訴に関しては通常の歯科医院に受診することなど全く考えていない患者たちです。また口腔研クリニックには、年間を通じて3日に1度ほどの割合で埼玉県各地から顎口腔領域の救急患者は搬送されてきます。

 日本には81の医学部がありますが、これらの医学部を卒業した医師で口腔科すなわち歯を含めた顎口腔領域の医療を専門とする医師は一人もいません。口腔科の医療は、本来歯科医が担当する医療だからです。しかし日本では歯科医師の圧倒的大多数がデンティストリーという業務に従事しているデンティストなので、口腔科の医療は「医療の空白地帯」になっています。これからの歯科医師は、自分の業務範囲を広げるためにも、また患者の種類や数を増やすためにも、また、なによりも歯科医師の本来あるべき姿を取り戻すためにも、口腔科の医療に取り組むべきでしょう。そのような医療の中心になるのが「ORAL MEDICINE」です。

 ORAL MEDICINEは普通の歯科医師にとって決して無縁な診療科ではありません。いわゆる顎関節症やアフター性口内炎などはORAL MEDICINE分野の主要な疾患ですし、多くの歯科医師が経験する原因不明な口腔内の疼痛の多くは口腔心身症というORAL MEDICINE分野の一般的な疾患です。この機会に、ORAL MEDICINE分野の多くの疾患を学んでください。


2020年近代口腔研究会札幌例会

 実行委員長 渡部 哲哉