HP

2021年 近代口腔科学研究会

札幌例会のお知らせ

[日時]
  2021年6月27日(日)
    午後1:00〜4:00
    受付午後12:30から

[会場]
 札幌グランドホテル
   本館2階 金枝の間
  札幌市中央区北1西4丁目
 tel:011-261-3311(代表)

[講師]
  飯塚 哲夫 先生

[会費]
  歯科医師    ¥10.000−
  スタッフ・その他 ¥6.000− 
  (当日会場で納入)

事務局まで、お電話かメールでお申し込みください。
近代口腔科学研究会事務局
歯科技工士が消え、

歯科医師が技工士になる日


講師 飯塚哲夫先生

 
 1995年(平成7年)には全国に72校あった歯科技工士学校が、2021年(令和3年)には48校になり、そのすべての学校で入学者は定員をはるかに下回っています。そしてそれらの学校の卒業生の約80%は、卒業後5年以内に歯科技工士を辞めて転職しています。歯科技工士という職業は魅力のない職業だからです。近い将来、歯科技工士はおそらく消えてしまうでしょう。そのとき、歯科技工業務は、歯科医師がせざるを得なくなります。それは、歯科技工士が消え、歯科医師が技工士になる日の到来です。そのような日の到来で困るのは、歯科技工士ではなくて歯科医師です。昔と違って現代の歯科医師は、歯科技工業務をする能力もなければ、それをする場も持ちません。

 しかし歯科技工士の業務内容を見直し、歯科医師と歯科技工士との関係を見直すと、歯科技工士は魅力ある職業になり、歯科技工士を目指す若者は間違いなく増えます。歯科技工士会や歯科技工士学校は一刻も早くその方向へ向かって動き出すべきですが、それよりも歯科医師たちこそ、迫り来る自分たちの危機から逃れるために危機打開に向かって動き出すべきではないでしょうか。

 この講演では、歯科技工士はもちろんですが、歯科医師にとっても、このような問題を考えるための多くのヒントが得られるはずです。


2021年近代口腔科学研究会札幌例会

 実行委員長 渡部 哲哉