近代口腔科学研究会創立50周年記念

2022年新年講演会

[日時]
  2022年1月9日(日)
    午後1:00〜4:00
    受付午後12:30から

[会場]
 ホテルメトロポリタンエドモント
  2階 悠久の間
 千代田区飯田橋3-10-8
 TEL:03-3237-1111(代表)
[講師]
  飯塚 哲夫 先生

[会費]
 歯科医師   ¥15.000−

 スタッフその他 ¥8.000−

  (当日会場で納入)


事務局まで、お電話かメールでお申し込みください。
近代口腔科学研究会事務局
歯科医療危機打開への道


講師 飯塚哲夫先生

 
 歯科界は今、さまざまな意味で明らかに衰退の一途を辿っています。

 歯科技工士学校の数は約10年前の三分の二以下に減りましたが、それにもかかわらず全ての学校で学生数は大幅に下回っています。全国の歯科衛生士学校の入学者は、すでに15年前から入学定員を下回っており、定員と入学者数との差は開く一方です。国立大学を含めた全歯学部の入学者は、2016年以降は定員を下回っており、わが国最古の歯科学校である日本歯科大学の東京校までが2021年には定員割れです。当然のことながら、歯学部入学者の偏差値はもちろん、いろいろな意味で学生の質も、驚くほど低下しています。医学日受験の過熱ぶりと比較して歯学部の凋落ぶりは目を覆わんばかりです。歯科医業の社会的評価や経済的評価の下落は言わずもがなです。

 歯科界のこのような衰退の原因は、要するに歯科医師という職業に魅力がないことにつきます。歯科医師という職業に魅力がなければ、技工士も衛生士も魅了くある職業にはなりえません。

 しかし歯科医師という職業は、本来いろいろな意味で魅了ある職業なのです。現在の歯科医師の姿や在り方は、どう「ひいき目にみても」魅了ある職業とはいえませんが、それは、現在の歯科医師が、その本来の姿からかけ離れたものになっているためです。歯科医師はいつから、どうしてこにような姿になったのか。本来はどういう職業なのか。歯科医師がその本来の姿に戻りにはどうすればよいのか。本講演は、それらを明快に説明してくれるはずです。


近代口腔科学研究会創立50周年記念2022年新年講演会

実行委員長 根橋 信幸