近代口腔科学研究会北海道例会

2017年札幌講演会のお知らせ

[日時]
  2017年10月1日(日)
    午後1:00〜4:00
    受付午後12:30より

[会場]
 札幌グランドホテル 
  本館2F 金枝の間
 札幌市中央区北1条西4丁目
  Tel:011(261)3311(代表)


[講師]
  飯塚 哲夫 先生

[会費]
 歯科医師   ¥10,000−

 スタッフその他 ¥6,000−
  (当日会場で納入)


事務局まで、お電話かメールでお申し込みください。
近代口腔科学研究会事務局
歯科医師とは何か

歯科医師という職業に疑問を持っていませんか

講師 飯塚哲夫先生


  歯科医師過剰による患者減、医科と比べて明らかに低い歯科医療保険点数などにより、近年の歯科医院経営はますます厳しさを増しています。また、歯科医師や歯科医療の社会的評価の低さも、歯科医院経営にさまざまな問題を投げかけ、歯科医業を続けていくことへの不安を抱えている歯科医師たちは決して少なくないようです。
 このような状況下で、歯科医師たちはその打開策をどのように考えているのでしょうか。インプラントも審美歯科も、また歯冠修復の新素材も、歯科医業に明るい展望をもたらすものではないことは明らかになりました。歯科医師会が検討している「歯科における新病名の創生」などは歯科医師への評価を下げかねない愚策でしょう。では歯科医師たちはこれからどのような方向に活路を求めるべきなのでしょうか。それを考えるため必要なことは、歯科医師たちが今日まで歩んできた道を振り返り、それを検討することです。つまり歯科医師の歴史を考えることです。
 本講演では、歯科医師たちがこれまで歩んできた道を丹念に辿り、そこに見られる重大な過誤を指摘し、その結果新しい方向性を提示することになるでしょう。歯科医師たちがこれまで歩んできた道の問題点に気づき、本来歩むべき道に歩を進めたとき、歯科医師や歯科医業には、新しい、そして希望に満ちた展望が開けるはずなのです。

2017年 札幌例会実行委員長 渡部哲哉